【ラブライブ!サンシャイン!!×いずっぱこ】まもなく7周年!伊豆箱根鉄道駿豆線 ”HAPPY PARTY TRAIN" が果南ちゃんバースデー仕様に(2月23日まで)

1.果南ちゃんと言えば・・・

2月10日は「ラブライブ!サンシャイン!!/Aqours」の松浦果南ちゃん、並びに「幻日のヨハネ」のカナンちゃんの誕生日でした。沼津市周辺の各所において、毎年恒例ともいえる誕生日らしいコラボイベントが開かれていました。中でも今年は、12日をもって営業を終了した「あわしまマリンパーク」への注目度が高かったようです。

youtu.be

果南ちゃんと言えば、Aqoursの3rdシングル「HAPPY PARTY TRAIN」を挙げる人が少なくないものと思います。第2回センター総選挙で見事に1位となり、センターポジションを勝ち取りました。

plumroom-0417.hatenablog.com

HAPPY PARTY TRAINのMVでは、大分県玖珠郡玖珠町のJR久大本線豊後森駅に隣接する「旧豊後森機関区」が登場しました。国指定登録有形文化財と近代化産業遺産(経済産業省認定)に登録されている機関区で、1934(昭和9)年から1971(昭和46)年まで使用されました。役目を終えた後も、上から見ると扇のような形をした「扇形庫」が今なお残されており、当地における観光スポットにもなっているようです。

plumroom-0417.hatenablog.com

とはいえ、HAPPY PARTY TRAINといえば、やはり三島駅から修善寺駅を走る「伊豆箱根鉄道駿豆線」こそ一番似合う鉄道だとする人が多いでしょう。アニメーションMVにて、三島駅構内や沿線風景、伊豆長岡駅の駅舎などが登場しました。同路線の主力電車である3000系が、台車までかなり細かく描かれていたのには、筆者としてもかなり感動した覚えがあります。

2.今年も恒例のバースデー企画

plumroom-0417.hatenablog.com

伊豆箱根鉄道駿豆線では、ラブライブ!サンシャイン!!/Aqoursのキャラクターの誕生日に合わせて、車両へのヘッドマーク掲出や記念グッズの発売を行っています。記念グッズとしては、ヘッドマークのデザインをモチーフにしたアクリルバッジを、各キャラクターの誕生日が来るたびに、一日乗車券「旅助け」とセットで販売しています。2022年4月からは「DREAMY COLOR」のヘッドマークが掲出されており、2023年4月からは、「なんどだって約束!」のヘッドマークに切り替わりました。
f:id:plum_0417:20240214231849j:image

f:id:plum_0417:20240214231920j:image
f:id:plum_0417:20240214231924j:image

2月10日時点では、ちょうど誕生日を迎えた松浦果南ちゃんのヘッドマークが掲出されており、アクリルバッジもそのヘッドマークのデザインのものが売られていました。電車に掲出されるヘッドマークについては、2月23日までの期間限定となりますが、アクリルバッジは在庫が無くなるまでの販売です。

3.ラッピング電車も間もなく7周年

Aqoursが9周年を迎える今年、HAPPY PARTY TRAINも2017年のリリースから7年が経ちます。ちなみに、曲名が冠されたライブツアー「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive! Tour HAPPY PARTY TRAIN TOUR」からも、筆者はその当時参加することはありませんでしたが、7年が経とうとしています。

それとはすなわち、駿豆線を走る3000系3506編成「HAPPY PARTY TRAIN」も、ラッピング電車として走り始めてから7年が経つということでもあります。駿豆線では、過去には3501編成が「恋になりたいAQUARIUM」のラッピング電車だったほか、「劇場版ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」が公開された時期には、7000系7502編成に同作にちなんだラッピングが施されたこともありましたが、いずれもすでにそのラッピングは解除となっています。一時的な誘客策として走ることが多いアニメなどのキャラクターが描かれたラッピング電車の中でも、同列車の運行期間は異例の長さであると言えそうです。

一方で、7502編成が昨年より「幻日のヨハネ」仕様のラッピング電車となって走り始めています。グループ会社の伊豆箱根交通(タクシー)と合わせて、2作品のラッピング仕様の電車やタクシーを走らせているほか、伊豆箱根バスでも、ラブライブ!サンシャイン!!のラッピングバスが複数台運行されています。ラッピングバスに関しては、同じく沼津市周辺を走る東海バス富士急シティバスも多く運行していますが、電車やタクシーに関しては、2024年時点で伊豆箱根鉄道グループのみとなっています。

その他、2018年12月からは、三島駅の発車メロディが「HAPPY PARTY TRAIN」になっています。毎日10時から15時の時間帯限定で、同曲の頭の部分が発車メロディとして流れます。サビではなく頭の部分というのも、三島駅が同曲のMVで最初の方に出てくることを考えると、よく考えて設定したことが伝わってくるものになっています。

アニメとのタイアップを行う鉄道会社は、ラブライブ!サンシャイン!!とのコラボ企画を昨年から始めたJR東海を含めて、全国各地に多数ありますが、伊豆箱根鉄道の規模と期間の長さは、その中でもかなり大々的ともいえる部類になるのではないかと考えます。駿豆線自体は沼津市内を通らないものの、アニメの舞台やそれらしい雰囲気を、程よく感じられる路線です。ラブライブ!サンシャイン!!のテレビアニメ1期で登場した伊豆長岡駅は、駅舎へのラッピングや売店のリニューアルもあり、アニメに出てきたものとは様子が異なるものの、建物自体はその当時と変わりません。淡島ほどの混雑はなく、沿線には温泉のほか様々な観光地もあり、そうした場所に寄り道をするのもいいかもしれません。アニメやキャラクターゆかりの地の中でも「ずらし旅」として、駿豆線沿線を巡るというのはお勧めしたい次第です。